記事一覧

紫色のうさぎ

身内はもちろんだけど、同級生が亡くなるってのもかなりキツイっすね。本人や家族の事考えると胸が詰まるし、わが身を振り返って色々考えちゃいますよ。成さなければなら無い事や自分に残ってる時間、なぜ市川まさみはメガネを外すのかとか。そんで葬式で使う清め塩ってのが自分、あんま得意じゃないんすよ。亡くなった人がいるのに、生きてる自分はそれをけがれだと言って清めるってのはどうなのよ?って思っちゃうんすよ。


20171022.jpg 201710223.jpg


なんで、けがれ上等!ってずっと清め塩は使わなかったんすけど、やっぱやべぇんじゃねぇのって感じがずっと心にあったんすよ。でも最近、浄土真宗では清め塩を使わないって話を聞いたんすよ。生があって死があるからその一方だけをけがれとするのはおかしいみたいな感じらしいんすけど、聞いた時には長年積もってた胸のもやもやが晴れましたね。


201710225jpg.jpg  201710224jpg.jpg 

現行で存在している人間って何億といるし、過去存在した人と合わせると莫大な数になるわけで、そりゃ1人位は自分と同じ感覚を持った人がいるわなと。そうなると、良い人も悪い人も、地面になりたいつって23回捕まっちゃった人も、どこかで安らぎを得られるんすよね。まさに平等!

まぁ、それが何時どこでってのは分からないし、加害者がそんなんなったら被害者はたまらんでしょうね。


201710225.jpg 

<今日の語録>

「さっさとしろよ、田舎者め。おまえがもたもたしてるうちに、俺なら1ダースは殺せるぞ。」

(カール・パンズラム 死刑執行人に対して)


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント