記事一覧

金のうさぎ

WWE217のマイキャリアで、やっとこさタッグベルトを奪取しましたよ。思えば最初よく知らん人と強制でタッグ組まされて、これがまた弱いんすよ。タッチを全然しないで1人で闘うし、ピンチの時に助けに来ないしと、NPCだからしょうがねぇかとすぐにチームを解消してシングルプレイヤーになったわけですが、せっかく獲ったシングルのベルトもすぐに奪われモチベーションがだだ下がり、気分変えにタッグでベルトを目指してみるかとタッグ戦線に名乗りを上げたわけです。

本当はランディ・オートンあたりと組みたかったんすけどね。このゲーム、誰とでもチームが組めるわけではなく、マイクパフォーマンスでミーとトゥギャザーしようぜって呼びかけなきゃならないんすよ。んで、応じてくれたのはセス・ロリンズだけという。しかし、セスロリンズ、現役スーパースターだけあって1人でいいんじゃねぇのって位、バッキバッキに強いんすよ。それに、ちゃんとタッチしてくれるし、ピンチの時には助けに来てくれるしと、もう、最高のパレハ(相棒)なわけ。


201807020.jpg 20170203.jpg   

そんな心強いパレハを得て、タッグチャンピオンを目指していたわけなんですが、シングルだとランキングが上がったらマイクパフォーマンスでチャンピオンにケンカ売ってライバルにならないとベルトにチャレンジできないんすよ。これはタッグでも同じなんすけど、それに気付かずランキング2位のまま、どうやったらチャンピオンチームと戦えるんだと何十試合、数ヶ月と過すことに。

長かった...。長かったっす。だから、ベルト獲った時は泣いたね。ゲームやってて泣くなんていつ以来だろう。なんたらラブっつうギャルゲーで尚子ちゃんとデートしてる時の会話の選択肢で"楽しそうだね?"ってのを選んだら「だって、先輩と一緒だから♡」って言われた時以来やね、うんうん。


ありがとう、セス・ロリンズ。ベルトの獲り方も分からん俺を見捨てないで、そばに居てくれた。

トミーが1番強いのを俺が1番良く知ってる。1番のハートを持っている事を良く知っている。

トミー、ウェイクアップ。レッツ・ゲット・ファイティング・トーキング。がんばれ、がんばってよ。がんばってトミー。


2017030220.jpg  2018070210.jpg

えー、途中からダイナマイト・キッドにエールを送る佐山聡になっちゃいましたが、とりあえず、もう1本のタッグのベルトを狙うか。それとも、シングルのベルトを獲り戻すか。気付けば寄り道で経験値たまりすぎて、パラメーター全部マックスになっとるし。K17でうだうだしてる間にK18が出てるし。ただ、K18買っても、又うだうだしてる間にK19が出る様な気がするし。そもそも、言語が英語のゲームは何言ってっか分かんないから色々とキツイっす。


20170302120.jpg 


<今日のフィニッシュ・ホールド>

「オリエンテーリング・ウィズ・ナパームデス」


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント